MILKHOUSEさんが曲をつけた作詞NO1~NO26 の一覧

画像

今日はMILKHOUSEさんが曲をつけた
高不二丸作詞一覧(作詞NO1~NO26)
を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エロスの月(作詞No1)

(1) 妖(あや)しき  明かりに  誘われて

   なやまし     ゆれる   さくら(古桜)のエロス

   今宵       うるわし   ブルームーン



(2) 妖しき      かおりに  誘われて

   夢みし      はざまの  エロスのかほり

   今宵       うるわし   ブルームーン



(3) 妖しき  絹手(きぬて)に  誘われて

   ふれみて    まぼろし    落ちゆく月光

   今宵       うるわし   ブルームーン
...............................................................

「Same Old Blues」 (昔と同じブルースで)(作詞No2)

(1) こころが泣きたい      そんな夜(よ)は

   琥珀(こはく)のバーボン  かたむけて

   せつない ブルース 口ずさむ

   夜更けの下北(しもきた)  Same Old Blues 


(2)  煙草のけむりが       あの頃を

    フレディのブルース      泣きギター

    飲もうか  朝まで  酔いしれて

   歌うはブルース   Same Old Blues 


(3) こころが泣きそな     そんな夜(よ)は

   あいつのブルース     抱きしめて

  せつない ブルース 口ずさむ

  昔のような     Same Old Blues 

...................................................................

  ありがとうにありがとう (作詞No3)    


(1)今日という日に 「ありがとう」
  君の笑顔に   「ありがとう」

  君の涙に    「ありがとう」 

  のぼる朝日に  「ありがとう」

  沈む夕日に   「ありがとう」

  そして 「ありがとう」に 「ありがとう」


(2)昨日という日に 「ありがとう」

  君との出会いに 「ありがとう」

  君との別れに  「ありがとう」 

  平和の朝に   「ありがとう」

  友との杯に   「ありがとう」

  そして 「ありがとう」に 「ありがとう」


(3)明日という日に 「ありがとう」

  春夏秋冬    「ありがとう」

  よろこび かなしみ 「ありがとう」 

  青き空に    「ありがとう」

  白き雲に    「ありがとう」

  そして 「ありがとう」に 「ありがとう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「As The Years Go Passing By」(時の過ぎ行くままに)(作詞No4)


(1)昔 この店で ファンキーな やつらが 演奏(や)っていた

   レイジーなブルース 切り裂く ドッグ ナイト

   熱い鼓動(リズム) 


闇を切り裂き  今を刻んで 駆け抜けろ

   狂おしいパッション  
 

   ゆれる原色 煙草の煙 バーボンの香り 
   長い髪 いつもの娘(こ)


♪ As The Years Go Passing By 

    もう一度 あの夜に

   今も残りし  あの時の  ブルーな かおり 

    もう一度 よみがえれ

(2)時の はざまで 夢みし ゆらゆられ 

  グラスに 溶けゆく 想い出の ファンキーナイト

  明日を切り裂き  時をあずけ 駆け抜けろ
   12のセッション

  いとしき刹那(せつな) 歌う   妖(あや)しリズム 
  夢幻連綿(むげんれんめん) エーメン       


♪ As The Years Go Passing By 

    もう一度 あの夜に

   今も残りし  あの時の  ブルーな かおり 

    もう一度 よみがえれ 

(3)昔 この店で ファンキーな やつらが 演奏(や)っていた

   レイジーなブルース 切り裂く ドッグ ナイト

   熱い鼓動(リズム) 


闇を切り裂き  今を刻んで 駆け抜けろ

   狂おしいパッション  

  悩ましき刹那(せつな)紡(つむ)ぐ  妖(あや)しリズム 
   夢幻連綿(むげんれんめん) エーメン

♪ As The Years Go Passing By 

    もう一度 あの夜に

   今も残りし  あの時の  ブルーな かおり 

    もう一度 よみがえれ 
.......................................................

         「スウィングの夜」(作詞No5)

(1) 歌は  sweet song  甘いメロディ

   夢は 幻  シャボン玉消えて

   せめて 熱いくちづけをかわし

   もういちど 夢 もういちど

   夢さめずに long long time

    今宵だけの ダダダダ ディダ


(2) 今宵  moon light  絹のメロディ

   子船に ゆられて ゆられゆら おぼろ

   せめて 熱いくちづけをかわし

   もういちど 夢 もういちど

   夢さめずに long long time

   今宵だけの ダダダダ ディダ

(3)歌は  sweet song  甘いメロディ

   夢は 幻  シャボン玉消えて

   せめて 熱いくちづけをかわし

   もういちど 夢 もういちど

   夢さめずに long long time

    今宵だけの ダダダダ ディダ

.........................................................

Still Night (月に抱かれる夜) (作詞No6)

(1) 月に抱かれ  十六夜 Still Night
   波に抱かれ  遥かなStill Night

   耳を すまし しじま 聴きに ゆこう
   言葉など いらない こよい いざよい ほろり酔いの夜

   去りにし  ゆめ まぼろし
   たぐり寄せて つづれおる  はかなき 想い


(2)夢に抱かれ  静寂 Still Night 
  風に抱かれ  漂う Still Night

   旅に でよう 君をさがしにゆこう
  切符など いらない 揺らり 揺られ 果てない世界へ

   満天  星 あふれて
   頬をつたう 熱きもの 止めどもなく

.........................................................................

いつか見た海 (作詞No7)

(1) いつか 見た海 陽炎ゆれて 
   刹那(せつな)色  ゆきし  名もなき  哀しみよ
  行きつ 戻りつ  寄せ来る波に 
  君しぐさ 映る 波間に よみがえる

(2) いつか 見た海 陽炎ゆれて
淋し色 雲の  はかなさ ゆれ 
  忘れられぬ  あー甘き香り
  忘れられぬ  過ぎし日の  風の人


(3)いつか 見た海 陽炎ゆれて    
淋し色 雲の  はかなさ ゆれ 
  忘れられぬ  あー愛しき嘘  
  忘れられぬ  過ぎし日の  夢の人  
  .................................................................  

< Late Summer Song >(あの夏の終わりの唄)(作詞No8)

(1) 
  このまま このままずっと このまま ずっと
  そのまま そのまま そのまま ずっと ずっと


  このまま このままずっと このまま ずっと
  そのまま そのまま そのまま ずっと ずっと


  遠い  帆影  まどろむ 背中 
  去り行く 夏に 九月の  かおり



(2)
  このまま このままずっと このまま ずっと
  そのまま そのまま そのまま ずっと ずっと


  このまま このままずっと このまま ずっと
  そのまま そのまま そのまま ずっと ずっと 


  夢の まにまに 彷徨(さまよ)う 吐息
  儚(はかな)き 夏の 水平線



  このまま このままずっと このまま ずっと
  そのまま そのまま そのまま ずっと ずっと
  このまま このまま

..................................................................
  
 < Hert Of Rain >(こころの雨)(作詞No9)   

(1)
外は雨  朝からレイン  窓に囁く  雨のリズム
雨の音  世界はレイン  窓に映る 世界はレイン

あの雨の日君と  レイン はじめて出会い
レイン はじめて出会い レイン 心ときめいて  晴れ色

(2)
窓の外は 朝からレイン 夢の中でも 朝からレイン
街角も  朝からレイン ゆきすぎるは きのうの夢

あの雨の日君と  レイン はじめて出会い
レイン はじめて出会い レイン 心ときめいて  晴れ色



時は過ぎ 風かわり 色さえも レイン
あー消えかかる まぼろし 遠い季節



(3)
外は雨  朝からレイン  窓に囁く  雨のリズム
雨の音  世界はレイン  窓に映る 世界はレイン

あの雨の日君と  レイン はじめて出会い
レイン はじめて出会い レイン 心ときめいて  晴れ色

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 Winter Days   (冬の日)(作詞No10)


(1) 
  なぜ こんなに こんなに 空が
  なぜ こんなに こんなにも  碧い空(あおいそら) 

  遠い雲 浮かぶ 永遠
  木漏れ日(こもれび)誘われ 冬の日

  空はこんなにも 雲はこんなにも 果てない キャンパス
 


(2)
  なぜ こんなに こんなに 海が
  なぜ こんなに こんなにも  青い海 

  遠い海 乗せる 永遠
  木漏れ日(こもれび)誘われ 冬の日

  海はこんなにも 波はこんなにも 果てない キャンパス



. なぜ こんなに こんなにも  碧い空 
  なぜ こんなに こんなにも  青い海 
  なぜ こんなに こんなにも  碧い空

 .................................................................. 
   
Aria   (空の歌 アリア)(作詞No11)

① 大空を 見上げて  ひとつ息を
  吐いたとき 世界が 変わっていく

  悲しみ 苦しみが あったときは
  空の花 アリアが 歌ってくれる

 
  ラララリラ リラララ 風にゆられ
  花咲き乱れ ラララリラ このとき  しゅんかん 
  天空に 流れるアリア


② 星空に 来ぬ人を  待つ今宵
  忘られぬ 一夜の 儚き夢
  
  悲しみ 苦しみが あったときは
  空の花 アリアが 歌ってくれる

  ラララリラ リラララ 水面に映る  
  月は揺れて ラララリラ しじまに 繋がれて 
  星空に 煌めくアリア  

  ラララリラ このとき  しゅんかん 
  天空に 流れるアリア

..................................................................
「いつかアモーレ ミオ」(作詞No12)

(1) いつか アモーレ・ミオー 恋の炎 燃やして    
  恋は アモーレ・ミオー  死ぬほどに 愛し

  息もできぬ ほど 狂おしい 恋に
  すべて忘れて  捧げたい   

  夢見る  あなたの 事を
  まだ見ぬあなた 焦がれ せつない 夜に



(2) 雨の アモーレ・ミオー 雨のしずく 見つめて    
  甘い アモーレ・ミオー 熱い鼓動  かんじ

  いつか 夢に あらわれた あなたと
  おなじ 雨に うたれてみたい

  夢の トレモロ奏でて  
  永遠の 愛に抱かれて



(3) いつか アモーレ・ミオー 恋の炎燃やして    
  恋は アモーレ・ミオー  死ぬほどに 愛し

  息もできなぬ ほど くるほしい 恋に
  すべて忘れて  ささげたい   


  いつの日か アモーレ・ミオー 命 燃やして
  ルルララ リリララ ア モーレ・ミオー
  いつの日か アモーレ・ミオー 命 燃やして
  ルルララ リリララ ア モーレ・ミオー

............................................................
 
「素敵な夜」(作詞No13)

(1)  素敵な夜を   今宵過ごしましょう   
   月の舟に乗り  ゆらりゆらゆられ    
   そー甘い夢みて ゆらりゆらゆらゆら   
   言葉は波間に  消えてゆらゆられ    
   くるおしき   吐息に 刹那のくちびる  
   悩まし 妖しの 調べ          
   ゆらゆられ 落ちてゆくわ        
   ゆられ ゆらゆらゆら           

 
   ゆきつもどりつ 溶けてゆきましょう   
   指がそっと触れ 胸が ルルルルラ    

 
(2)  素敵な夜を   今宵過ごしましょう   
   月の舟に乗り  ゆらりゆらゆられ    

 
   恥らう  背中に うれしの誘惑      
   泣きそな 襟足   乱れ        
   果てのない 寄せ来る波         
   ゆられ ゆらゆらゆら          


 
   素敵な夜を   今宵過ごしましょう   
   月の舟に乗り  ゆらりゆらりゆられ          

....................................................................

レクイエム(君に捧げる鎮魂歌)(作詞No14)

(1)

愛しき 人 今は もう  遠くに  
夢 残して エーメン        
いま あなた 何を して      
何を 感じているのでしょう   

(2)

せつなき 人 いつかも また  会えるね  
空 永遠 エーメン        
風 薫る 街角で       
そっと あなたの手  触れてみる   


さりにし  君の面影 あざやかに   
今もよみがえる  愛しい人よ     


(3)
やさしき 人 今も まだ  ぬくもり  
愛 残して エーメン        
いま 少し あなたから       
離れ 旅立つの  いいでしょ 

...........................................................

 「ムーン レター」(月手紙)(作詞No15)

(1)

 ムーン  レター  ムーン  レター  

 ビルの  隙間から 光る月  

 遠き   日々に    おもい  はせる 

 長い   沈黙の   さようなら 
  
 眠れぬ  夜は  いつも 月の光が   やさしさで  つつんで  くれた

 

(2)
 ムーン  レター  ムーン   レター  

 歩く   足元を   照らす月

 熱い   夏    戻れない  ふたつの心 

 ゆき   過ぎる  おもい  はるか  もういちど

 今    とどけてほしい  永遠の     ひとつの   言葉


(3)
 ムーン  レター   ムーン    レター  

 水面に  漂うは    月の影
  
 走る    君    ゆれる   髪    

 とまる   8月の   悩ましさ
  
 眠れぬ  夜は  いつも 月の光が   やさしさで  つつんで  くれた     
............................................................................

「日はまた昇る」(21gの魂)(作詞No16)

(1)

 戦火の  街で 逃げ惑う人よ 
    
 21(にじゅういち)  グラムの魂  いずこ     

 それでも  日は沈み  日はまた昇る    



(2)

 悲しみの  空に  別れの 時雨(しぐれ) 
    
 叶わぬ  夢に 立ちつくす人     

 それでも  日は沈み 日はまた昇る    




 変わらぬ  ものは  愛する こころ     

 ただそれ  だけのこと  おもい  はるかに



 どこかで  歌は 流れる でしょう     

 届けよ  願いよ  はるか  あなたに    

...............................................................

「killira  killira (キリラ キリラ)(作詞No17)

(1)

 キリラ キリラ 不思議な呪文

 キリラ キリラ 唱(とな)えれば 叶う

 キリラ キリラ 日毎 夜毎(ひごと、よごと)

 キリラ キリラ 欲張っちゃだめさ

 キリラ  あいつの キリラ ためだけにね

 キリラ キリラ 理屈などいらない

 キリラ キリラ 今、会いに行くよ

 キリラ キリラ キリラ キリラ 

 すごく さびしい夜は 月にむかって
 たまらなく 泣きたい夜は 星にむかって 

 キリラ キリラ 


(2)

 キリラ キリラ 不思議な呪文

 キリラ キリラ 唱(とな)えてごらん

 キリラ キリラ 世界が変わる

 キリラ キリラ 裸になりゃいいさ

 キリラ  あいつの キリラ  川になりたい

 キリラ キリラ 答えなどありゃしない

 キリラ キリラ 今、探しに行くよ

 キリラ キリラ キリラ キリラ 

 すごく せつない時は 夕陽にむかって
 たまらなく 人恋しい夜は 海にむかって

 キリラ キリラ キリラ キリラ キリラ キリラ 

.............................................................

ジプシーダンス  (作詞No18)  

(1)

むせび泣くバンドネオン
明日なき刹那(せつな)のめまい
つきぬける郷愁
孤独なカルメン
ジプシーダンス 

帰れない 遠い日

ターン ターン ターン ターン 
ジプシーダンス 


(2)
恍惚のカスタネット
一夜(ひとよ)かぎりのドラマ
踏み鳴らせ 回想
孤高(ここう)の黒ばら
ジプシー ローズ

ふりむくな あの日

ターン ターン ターン ターン 
ジプシーダンス 


(3)
やるせないギターの調べ
ただよう誘惑の香り
めくるめく幻想
孤独なカルメン
ジプシーダンス 

もう一度 あの日

ターン ターン ターン ターン 
ジプシーダンス 

.................................................................

New Morning (母なる大地に抱かれて)(作詞No19)

(1)
生きとし生けるものの 息吹(いぶき)を 感じて 
父なる空の   はてなさに  ふれ
母なる大地の やさしさに 抱(いだ)かれて  

New morning それは 新しい朝のはじまり
New morning それは 新しい朝 New Morning


(2)
名もなき戦士の   嘆きを   感じて  
焼かれし大地に   咲く花に  ふれ  
子どもが歌う    大空に   抱(いだ)かれて  

New morning それは 新しい朝のはじまり
New morning それは 新しい朝 New Morning


(3)
めぐりくる春の  ささやき 感じて  
失くした季節の  忘れ物  ふれ
空の青さと   悲しみに   抱(いだ)かれて 

New morning それは 新しい朝のはじまり
New morning それは 新しい朝 New Morning

..................................................

Winter Road (冬の道)  (作詞No20) 

(1) Winter Road    Winter Road   憶えて いますか
   はじめて あなたに  抱かれた あの日 
   いつもと 違って  黙ってた 
   冬の影 


(2)Winter Road     Winter Road   憶えて いますか
  はじめて あなたと  歩いた  あの道 
  静かに  流れる  夢の時 
  冬の雲 


  もしも叶うものなら  あなたと  もういちど 燃えるような口づけ

  ああ  息も出来ぬくらい 

  愛したい  夢で もいい さめないで お願い 


(3)Winter Road    Winter Road   憶えて  いますか
  はじめて あなたと  喧嘩した   あの日 
  時計が 止まって  泣いていた 
  冬の午後



(4)Winter Road    Winter Road   憶えて いますか
  はじめて あなたと  出会った あの道 
   冬の道 
 
.........................................................................

夜想曲(ノクターン)(作詞No21) 

(1)

あなたの いない夜は こんなにも 長いのね   
こんな 素敵な LADY に  なったのに
あなたの舟は どこまで いったのですか
うつろう 季節の狭間で 泣いてしまう    
傲慢と いう名の 若さを捨てて 今あなたに 愛されたいのに

月の光で 寝かせて 夜は 哀しみ ノクターン

(2)

あなたの いない街は こんなにも 暗いのね   
黒いコートも こんなに  似合うのに     
あなたの本は どこまで 読んだのですか   
9月の 憂鬱の中で  落ちてしまう     
欲望と いう名の 若さを捨てて 今宵あなたに 愛されたいのに

月の光で 寝かせて 夜は 哀しみ ノクターン

(3)

あなたの いない部屋は こんなにも 冷たいのね 
長い黒髪  ここまで  のびたのに     
あなたの嘘は どこまで 本気だったの    
届かぬ 手紙に今でも  愛してる      
臆病と いう名の 若さを捨てて 今あなたに 愛されたいのに

月の光で 寝かせて 夜は 哀しみ ノクターン

 ..........................................................

Silence (作詞No22) 
 
(1) 
     静寂の時  Silence    夜の舟が  Silence  
    
     時の狭間(はざま)に  迷い込む

     水面(みなも)に映る  月の舟

     夜が舞う  月が舞う 夢が舞う  春が舞う

     シルキームーン

(2) 
     永遠の時  Silence  月光舞う    Silence    

     春の夢みし   朧月(おぼろづき)   
      
     沈黙語る   夢幻月(むげんづき)            7

     夜が舞う  月が舞う 夢が舞う  春が舞う

     シルキームーン

(3) 
     悠久の時  Silence  桜舞いて  Silence   

     過ぎにし時を 抱きしめて         

     風光りゆれ  桜湖(さくらうみ)      
    
     夜が舞う  月が舞う 夢が舞う  春が舞う

     シルキームーン

 ...................................................................

ミッドナイトはデンジャラス タイム (作詞No23) 


(1) ミッドナイトはデンジャラス タイム 

   天使が あちらに 帰るころ   
   危険なやつらが起き出した

   魔女さまのご登場
   あなた好みの女に化けて 色じかけで せめてくる
   いちどくらいと 気を許しゃ
   地獄の底まで 落とされる
    
   ミッドナイトはデンジャラス タイム      
   そう ここは ミッドナイト☆ジャングル


(2) ミッドナイトはデンジャラス タイム 
   
   牧師も すっかり 眠るころ
   危険なやつらが起き出した

   ドラキュラさまのご登場
  あなた好みの男に化けて 色じかけで せめてくる  
    いちど唇 重ねたら
    奈落の底まで まっさかさま
    
    ミッドナイトはデンジャラス タイム     
    そう ここは ミッドナイト☆クレイジー


(3) ミッドナイトはデンジャラス タイム 

   魔界の とびらが  ひらくころ
   危険なやつらが起き出した

   デビルさまのご登場
   めまいがする程  札束かさね 金じかけで せめてくる
   お金一番と 気を許しゃ
   骨のずいまで  しぼられる

    ミッドナイトはデンジャラス タイム     
    そう ここは ミッドナイト☆ブルー
    

............................................................................

静寂につつまれて (作詞No24) 

(1)「すこし さむくなってきたネ」って
    君はよりそった
    
   にび色の 空から 雪がふる

   坂の途中  遠ざかる街

   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に



(2)「雪って ほんと あたたかい」って
    君はささやいた

   さらさら雪から ぼたん雪

   過去から未来  消えかける街

   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に


   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に           

.......................................................

竜馬(りょうま)がゆく 「夢にチャレンジ」(作詞No25) 

(1)

 竜馬がゆく 薩摩が なんじゃ 長州が なんじゃ 

 竜馬は 日本を 考えた

 身を捨ててこそ 浮かぶ瀬もあれ

 侍であれ 男であれ 人間であれ

 竜馬がゆく 夢に チャレンジ 今が青春


(2)

 竜馬がゆく 日本が なんじゃ アメリカロシアが なんじゃ

 竜馬は 世界を 考えた

 死を恐れない 何も 恐れない

 少年であれ 純であれ 独創であれ

 竜馬がゆく 夢に チャレンジ 今が青春

(3)

 竜馬がゆく おのれが なんぼじゃ 自分が なんぼじゃ

 竜馬は 己(おのれ)を 知っていた  

 己を磨け 我儘であれ

 自由であれ 後悔しない 人生であれ

 竜馬がゆく 夢に チャレンジ 今が青春



 少年であれ 純であれ 独創であれ

 竜馬がゆく 夢に チャレンジ 今が青春


 侍であれ 男であれ 人間であれ

 竜馬がゆく 夢に チャレンジ 今が青春
   

..............................................................

お龍のテーマ
「あたしはあなたと 明日を翔(かけ)る」(作詞No26)
 


(1)
 土佐の 龍馬(りょうま)が 海をゆく
 どんとどんと あしたに こぎだせ どんとね

 命は日本に くれてやる そんな龍馬が好きでした
 三味(しゃみ)でよさこい 歌う龍馬が好きでした

 あたしのほれた 龍馬さん
 今も生きてる  龍馬さん

 あたしも あなたと 明日を翔ける


(2)
 土佐の かつをが 海をゆく
 どんとどんと あしたに こぎだせ どんとね

 国より ひとが 大切と 教えてくれた人でした 
 人の  未来が 大切と 教えてくれた人でした

 あたしのほれた 龍馬さん
 今も生きてる  龍馬さん

 あたしも あなたと 明日を翔ける


(3)
 土佐の 龍馬(りょうま)が 空をゆく
 どんとどんと あしたに こぎだせ どんとね

 空いっぱいに 明日を語る あなたがとても好きでした
 遠くを見つめ 呼んでみる おーい龍馬 龍馬さん
 
 あたしのほれた 龍馬さん
 今も生きてる  龍馬さん

 あたしも あなたと 明日を翔ける

................................................................................

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック