静寂につつまれて (作詞No24) 

静寂につつまれて (作詞No24) 
画像



(1)「すこし さむくなってきたネ」って
    君はよりそった
    
   にび色の 空から 雪がふる

   坂の途中  遠ざかる街

   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に



(2)「雪って ほんと あたたかい」って
    君はささやいた

   さらさら雪から ぼたん雪

   過去から未来  消えかける街

   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に


   世界が白にとけて
    静寂につつまれて
     ふたり 空に舞う
      まどろみは ひかりの中に           


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(後記) 雪国みなかみで育った私には、雪に想い出がつまってます。
    雪に寝転び 降ってくる雪を下から眺めたことありますか?
    素敵な別世界がありますよ。

  詩の紹介コーナーはここで終了します。
    新しくできた詩はエッセイの合間に随時入れていきます。

     PS: 3月11日は私にとっても特別な日になりました。
       コメントはひかえます。
       今はただ ただ  「合掌」 。   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   これらの作詞を使い作曲したい人はメールをいただければ
   使えます。
    
    spe39v29@etude.ocn.ne.jp  高不二丸 のメール・アドレスです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック