ザ・バンドの話

 ザ・バンドの話  たまにザ・バンドを聴きたくなる。 彼らはボブ・ディランのバックバンドで有名になったが、 ザ・バンドのCD(ついレコードと書いてしまいそうになる)は、 いわゆる{ハズレ}がない。どの曲も構成がすばらしく、曲に哀愁がある。 ディランに誘われ、彼の隠遁地であるニューヨーク郊外のウッドストックに 住みついた彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホイットニーの死」

「ホイットニーの死」  ホイットニー・ヒューストンが11日、48歳の若さで急逝した。  女性の歌はあまり 聴かない、今も聴くのはダイアナ・ロスとホイットニー だけだ。 高校の時、艶のある甘い声のダイアナ・ロスにしびれた。 それと同じくらいのショックをホイットニーにうけた。  カーラジオから流れてきた「オールウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友達の話 

友達の話   時々、下北沢時代の後輩からメールがくる。 「58才を過ぎてから大学時代のブルーグラス仲間とステージに たつようになって とても 楽しい毎日になってきた」という 内容のメールだ。 以下に記すと  『練習が楽しくて、卒業して36年も経ってから、こんな楽しい事が 待っていようとは、前は高くて手に入らなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の話 (2)カトリーヌ・スパーク「太陽の下の18才」

映画の話 (2)カトリーヌ・スパーク「太陽の下の18才」 中学2年という少し色気づいた頃、今でも忘れられない洋画 (B級映画ではあるが)に出会った。 それは「太陽の下の18歳」。 イタリア映画ではあるがフランス女優のカトリーヌ・スパークが 主演の映画である。 恥ずかしいがこの映画だけは、全くストーリーを憶えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の話 (1)

映画の話 (1) 幼い頃から映画が好きで好きで、家のそばに映画館があったことも あり、映画三昧の少年時代を過ごした。 毎週2本、5歳から12歳まで800本以上見たことになる。 (13歳以降も見ているがテレビの台頭と部活のため 1ヶ月に見る本数はの4本位になる。また見る傾向は 色気づくにつれ洋画中心となっていくのは当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<夢(睡眠中の夢)の話 (2) >

<夢(睡眠中の夢)の話 (2) >  40年たとうが、何年たとうが、忘れられない夢がある。 25才の頃、夢の中にNat King Coleがでてきた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中学生の頃からNat King Cole が好きだった。  正しくはナット・キング・コールと呼ぶのだろうが、 ラジオの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<夢(睡眠中の夢)の話 (1) >

<夢(睡眠中の夢)の話 (1) >     40年たとうが、何年たとうが、忘れられない夢がある。  一番は何と言っても正夢だ。  小学4年の春遠足の前日、目的地である大峰沼の途中に 大きな木の切り株があり、そこで一回目の休憩をとり、 そこで担任の小峰先生(女の先生)と 二人で座るという夢をみた。 当日、休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<「ピアノ・ブルース」を見て > 

<「ピアノ・ブルース」を見て >   ............................................................  mojo hand の田中さんから借りた「ピアノ・ブルース」の なかで、マディ・ウォーターズがブルースについて こんなことを言っってます。 ........…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<水戸 Blues Spot mojo hand >

   今日は毎週土曜におじゃましている水戸の<Blues Spot mojo hand >の 紹介です。 下記のHPを見ていただければスケジュールがわかりますが、 毎週土曜(いつも満席)には BLUES SESSION DAY やら ノンジャンル・アコースティック・ナイトやTHE JAZZY BLUES NIGHTなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の天才ジャズ・ピアニスト「本田竹広」さんへ捧げるノンフィクション・ノヴェル『復活のブルース』

 ノンフィクション ノヴェル  『復活のブルース』  このノンフィクション ノヴェルは高 不二丸が伝説の天才ジャズ・ピアニスト 「本田竹広」さんとのインタビューをもとに書き下ろしたショート・ショートです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more