テーマ:ことわざ

「桃栗三年柿八年」

「桃栗三年柿八年」 年とってるから ものごとわかっているとは かぎらない。 むしろ 頑固に なって 見えなくなっている部分の方がおおい。 年とってる分 少年の頭に 戻る時があっていい。   ものの見方を なるべく固定させない 頭の柔軟さが必要になってくる。 年とって はっきり している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more