テーマ:作詞

 「Good Time ぐでん ぐでん 」

「Good Time ぐでん ぐでん 」  昨夜 GENさんに作詞を頼まれました。 さっそく ぶちかましてみました。 タイトルは「Good Time ぐでん ぐでん 」  ですが、ここはGENさんの作曲次第で Good Time を   → Sweet Home に変えてもかまいません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさびさに

 ひさびさに  気がついたら 長~い ウツ トンネルに 入り込んでいた。 好きな音楽も聴かなけりゃ 本も読まない。 毎日 弾いていた ギターも ご無沙汰していた。 何もかも 嫌。  そんな 嫌な自分に そろそろ卒業だ。 そう決心してみて 散歩をしてみたら 自然と歌が浮かんだ。 こんな 鬱な 無気力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もいちど same old blues」作詞 高 不二丸

ひさしぶりに作詞をしました。  歌詞がちょっと抽象的なので説明します。 昔、ブルースをやっていた男があの頃の街(新宿・渋谷・下北沢)や別れた女や バンド仲間 等々を思い出しながら あの頃ブルースをやるというイメージで つくりました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(作詞No30) 

 止まらぬ恋の ロックン・ロール (作詞No30)  (1)気がつきゃ 止まらぬ LOVE TRIN   かけひきなんか できゃしねぇ   自爆覚悟の  告白に   おいらのハートは breakdown     おやじの説教 くそくらい          馬鹿な17 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「I LOVE THE BLUES」(作詞No29) 

「I LOVE THE BLUES」今夜もブルースからのがれられない(作詞No29)  (1)ブ ブ ブ ブルース              I LOVE THE BLUES   ブルースも悪い女も どっちも しりにいかれちまう   だから今夜もブルースからのがれられねえ (2)CRY CRY 暗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静寂につつまれて (作詞No24) 

静寂につつまれて (作詞No24)  (1)「すこし さむくなってきたネ」って     君はよりそった         にび色の 空から 雪がふる    坂の途中  遠ざかる街    世界が白にとけて     静寂につつまれて      ふたり 空に舞う       まどろみは ひかりの中に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドナイトはデンジャラス タイム (作詞No23) 

ミッドナイトはデンジャラス タイム (作詞No23)   (1) ミッドナイトはデンジャラス タイム     天使が あちらに 帰るころ       危険なやつらが起き出した    魔女さまのご登場    あなた好みの女に化けて 色じかけで せめてくる    いちどくらいと 気を許しゃ    地獄の底…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Silence (作詞No22)

Silence (作詞No22)   (1)       静寂の時  Silence    夜の舟が  Silence             時の狭間(はざま)に  迷い込む      水面(みなも)に映る  月の舟      夜が舞う  月が舞う 夢が舞う  春が舞う      シル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜想曲(ノクターン)(作詞No21) 

夜想曲(ノクターン)(作詞No21)  (1) あなたの いない夜は こんなにも 長いのね    こんな 素敵な LADY に  なったのに あなたの舟は どこまで いったのですか うつろう 季節の狭間で 泣いてしまう     傲慢と いう名の 若さを捨てて 今あなたに 愛されたいのに 月の光で 寝…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Winter Road (冬の道)  (作詞No20)

Winter Road (冬の道)  (作詞No20)  (1) Winter Road    Winter Road   憶えて いますか    はじめて あなたに  抱かれた あの日     いつもと 違って  黙ってた     冬の影  (2)Winter Road     Winter Roa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New Morning (母なる大地に抱かれて)(作詞No19)

New Morning (母なる大地に抱かれて)(作詞No19) (1) 生きとし生けるものの 息吹(いぶき)を 感じて  父なる空の   はてなさに  ふれ 母なる大地の やさしさに 抱(いだ)かれて   New morning それは 新しい朝のはじまり New morning それは 新しい朝 New M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジプシーダンス  (作詞No18)

ジプシーダンス  (作詞No18)    (1) むせび泣くバンドネオン 明日なき刹那(せつな)のめまい つきぬける郷愁 孤独なカルメン ジプシーダンス  帰れない 遠い日 ターン ターン ターン ターン  ジプシーダンス  (2) 恍惚のカスタネット 一夜(ひとよ)かぎりのドラマ 踏み鳴らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「killira  killira (キリラ キリラ)(作詞No17)

「killira  killira (キリラ キリラ)(作詞No17) (1)  キリラ キリラ 不思議な呪文  キリラ キリラ 唱(とな)えれば 叶う  キリラ キリラ 日毎 夜毎(ひごと、よごと)  キリラ キリラ 欲張っちゃだめさ  キリラ  あいつの キリラ ためだけにね  キリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日はまた昇る」(21gの魂)(作詞No16)

「日はまた昇る」(21gの魂)(作詞No16) (1)  戦火の  街で 逃げ惑う人よ        21(にじゅういち)  グラムの魂  いずこ       それでも  日は沈み  日はまた昇る     (2)  悲しみの  空に  別れの 時雨(しぐれ)        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ムーン レター」(月手紙)(作詞No15)

「ムーン レター」(月手紙)(作詞No15) (1)  ムーン  レター  ムーン  レター    ビルの  隙間から 光る月    遠き   日々に    おもい  はせる   長い   沈黙の   さようなら      眠れぬ  夜は  いつも 月の光が   やさしさで  つつんで  くれた  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レクイエム(君に捧げる鎮魂歌)(作詞No14)

レクイエム(君に捧げる鎮魂歌)(作詞No14) (1) 愛しき 人 今は もう  遠くに   夢 残して エーメン         いま あなた 何を して       何を 感じているのでしょう    (2) せつなき 人 いつかも また  会えるね   空 永遠 エーメン         風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「素敵な夜」(作詞No13)

「素敵な夜」(作詞No13) (1)  素敵な夜を   今宵過ごしましょう       月の舟に乗り  ゆらりゆらゆられ        そー甘い夢みて ゆらりゆらゆらゆら       言葉は波間に  消えてゆらゆられ        くるおしき   吐息に 刹那のくちびる      悩まし 妖しの 調べ        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いつかアモーレ ミオ」(作詞No12)

「いつかアモーレ ミオ」(作詞No12) (1) いつか アモーレ・ミオー 恋の炎 燃やして       恋は アモーレ・ミオー  死ぬほどに 愛し   息もできぬ ほど 狂おしい 恋に   すべて忘れて  捧げたい      夢見る  あなたの 事を   まだ見ぬあなた 焦がれ せつない 夜に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aria   (空の歌 アリア)(作詞No11)

Aria   (空の歌 アリア)(作詞No11) ① 大空を 見上げて  ひとつ息を   吐いたとき 世界が 変わっていく   悲しみ 苦しみが あったときは   空の花 アリアが 歌ってくれる     ラララリラ リラララ 風にゆられ   花咲き乱れ ラララリラ このとき  しゅんかん    天空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winter Days   (冬の日)(作詞No10)

Winter Days   (冬の日)(作詞No10) (1)    なぜ こんなに こんなに 空が   なぜ こんなに こんなにも  碧い空(あおいそら)    遠い雲 浮かぶ 永遠   木漏れ日(こもれび)誘われ 冬の日   空はこんなにも 雲はこんなにも 果てない キャンパス   (2)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

< Hert Of Rain >(こころの雨)(作詞No9)

< Hert Of Rain >(こころの雨)(作詞No9) (1) 外は雨  朝からレイン  窓に囁く  雨のリズム 雨の音  世界はレイン  窓に映る 世界はレイン あの雨の日君と  レイン はじめて出会い レイン はじめて出会い レイン 心ときめいて  晴れ色 (2) 窓の外は 朝からレイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た海 (作詞No7)

いつか見た海 (作詞No7) (1) いつか 見た海 陽炎ゆれて    刹那(せつな)色  ゆきし  名もなき  哀しみよ   行きつ 戻りつ  寄せ来る波に    君しぐさ 映る 波間に よみがえる (2) いつか 見た海 陽炎ゆれて 淋し色 雲の  はかなさ ゆれ    忘れられぬ  あー甘き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Still Night (月に抱かれる夜)(作詞No6)

Still Night (月に抱かれる夜)(作詞No6) (1) 月に抱かれ  十六夜 Still Night    波に抱かれ  遥かなStill Night    耳を すまし しじま 聴きに ゆこう    言葉など いらない こよい いざよい ほろり酔いの夜    去りにし  ゆめ まぼろし   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スウィングの夜」(作詞No5)

 「スウィングの夜」(作詞No5) (1) 歌は  sweet song  甘いメロディ    夢は 幻  シャボン玉消えて    せめて 熱いくちづけをかわし    もういちど 夢 もういちど    夢さめずに long long time     今宵だけの ダダダダ ディダ (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「As The Years Go Passing By」(時の過ぎ行くままに)(作詞No4)

「As The Years Go Passing By」(時の過ぎ行くままに)(作詞No4) (1)昔 この店で ファンキーな やつらが 演奏(や)っていた    レイジーなブルース 切り裂く ドッグ ナイト    熱い鼓動(リズム)  闇を切り裂き  今を刻んで 駆け抜けろ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(作詞No28) 

 (作詞No28)  (1)Last night きのう drinking  マッコリ in SEOUL Last night きのう looking for my Honey Bee ” One night love ひと夜(よ)の恋でも SEOUL Drinking Blue…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうにありがとう (作詞No3) 

ありがとうにありがとう (作詞No3)      (1) 今日という日に 「ありがとう」   君の笑顔に   「ありがとう」   君の涙に    「ありがとう」    のぼる朝日に  「ありがとう」   沈む夕日に   「ありがとう」   そして 「ありがとう」に 「あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Same Old Blues」 (昔と同じブルースで)(作詞No2)

「Same Old Blues」 (昔と同じブルースで)(作詞No2) (1) こころが泣きたい      そんな夜(よ)は    琥珀(こはく)のバーボン  かたむけて    せつない ブルース 口ずさむ    夜更けの下北(しもきた)  Same Old Blues  (2)  煙草のけむりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロスの月(作詞No1)

エロスの月(作詞No1) (1) 妖(あや)しき  明かりに  誘われて    なやまし     ゆれる   さくら(古桜)のエロス    今宵       うるわし   ブルームーン (2) 妖しき      かおりに  誘われて    夢みし      はざまの  エロスのかほり    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MILKHOUSEさんが曲をつけた作詞NO1~NO26 の一覧

今日はMILKHOUSEさんが曲をつけた 高不二丸作詞一覧(作詞NO1~NO26) を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エロスの月(作詞No1) (1) 妖(あや)しき  明かりに  誘われて    なやまし  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more